生意気な小娘



ある現場でお世話になった現場監督さんはまだ若くて30歳くらいの方でした。
現場も終わりの前日、私が監督さんに「最後くらい飲みに行きましょう」とお誘いした。

私は製作中はお酒を極力飲まないようにしている。
お酒は好きで毎日でも晩酌はしたいほうだけど、何せ好きというだけでお酒に弱い!
だから製作中は次の日に体調悪くなったりするので飲まないでいた。

世代も違うけど、同じ現場を共にさせていただいたということはやはり戦友だ!
なんて、、、思っているのは私だけで、、、
今回の監督さんは至ってCool!!!
これが今の若者なのか!と思うほどなんか全てにおいてクール(冷めてる)なのだ(笑)
だから、実際飲みに行ったところで何の話が盛り上がるのか、、やはり検討がつかなかった。

話していると全てがもっともでございます〜って言う感じはしますが。
そんなんでコトを終わらせては面白くないだろ!とも突っ込みたくなりつつ、、
遠慮がちに(一応お客様だから)「なんか変わってますよね?」と言ってみると、、

ちょっと怪訝そうに「僕、よく生意気っていわれるんすよ」って答えがきた!
(そう!それ!それ!)

「でも生意気って言われてもどうしたらいいかわかんないんすよ」
(そう!そういう考えが。。。)

「でもね、生意気って若いから言われるんで、年寄りには使わない言葉ですよね?
 私だってちょっと前までは、小娘って言われていたんだから〜(笑)
 でも、もういつのまにか 誰からも言われなくなったわよ(笑)」


小娘って言われている頃が一番よかったな〜。
なんて思いながらその帰り道は、あっちぶつかり〜こっちぶつかり〜
しながらおっさんみたいな千鳥足でホテルの部屋までやっと辿り着いたのだった。

歳を重ねると「そうなんだ」って割と何でも受け入れてしまうようになって
疑問とか怒りとがなくなっていくのが良い大人だ!とは思っていたけど
もうちょっとハチャメチャであっても良いのかな。私みたいなのは!
などと思い直しました(笑)!





あの現場ではたくさんお世話になりました!
また今年も現場をご一緒させていただけることになりそうで今から楽しみ!




# by likeienikki | 2018-01-25 12:08 | つぶやき

マカという神様

b0200712_13022190.jpg
先日マカという神様にお会いしました。
そういうと変ですが、、、そう変なのです!

ある女性にマカという神様が憑依しているらしく
その女性に降りて来たマカという神様が私にお話したいことがあるということでした。


マカは私に
「年明けすぐに料亭のお仕事が入っているでしょう?」といいました。

実際に料亭のお仕事が来ました。

「そのお仕事を見られて、今度はもっともっと大きなお仕事をすることになります」
と言われました。


そうなんです!そうなるはずなのです!そうなるといいな〜とワクワクしています。

そう言えば、先日福岡で観音様からの言葉のカードを引かせていただきました。
こんなメッセージを受け取りました。
「思いは形になる、、、恐れずに一歩を踏み出す時」


私はスピリチュアルな人たちが苦手ではあるけど、、
なんだかんだ言って、初詣はちゃんと3社参りして神様とか占いとか好きなんだよね〜w
形のないものには頼りたくはないけど、良いメッセージで背中を押されることは確かなの。

さてさて人生引き続きがんばりましょう。







# by likeienikki | 2018-01-22 13:11 | つぶやき

遠い夏の思い出

b0200712_09295668.jpg
こんにちは。こちらは久しぶりです。

学生時代に友人と行ってた国会図書館。
先日同じ友人と行きました。
本はほとんど見ず6階にあるレトロな食堂でお喋り。
あの頃は何を考えてどんなおしゃべりをしていたんだろう。
きっと小さな範囲の目の前の出来事しか考えていなかったんだろうな。
それにしても、、、、
お互い普通の主婦にはなれなかったね




# by likeienikki | 2017-07-30 09:32 | つぶやき

下町

昨日は日本橋へ出かけて
そのあと浅草橋でごはんを食べて帰りました。
下町ならではの優しさとお安さと美味しさでお腹いっぱい!
夜になると問屋街の下町もすごく静かなのよね
いつかこの辺りにも住んでみたいな〜
b0200712_07463480.jpg

# by likeienikki | 2016-06-29 07:49 | つぶやき

新聞の切り抜き

b0200712_08190339.jpg
いつの頃か新聞を取らなくなって
いや、新聞を取っているいること事態
今の世の中から取り残されている感もあるくらい
もう各家庭での新聞普及率は低い

私の実家はまだ毎日のように新聞配達がやって来ます
実家にいた頃は新聞がお休みの日はなんだかとっても寂しい気分だったものです
テレビ番組と今日の占いしか見てないくせに。。

もうテレビだってリモコンで「番組」って押せば
番組表が出てくる
ニュースはテレビやネットで見ればいい
ってことは新聞を取らなくてもいい
団塊の世代が皆いなくなるころには
もう新聞という紙媒体はなくなるだろうな


だけど私はやはり紙の質感や活字も大好きなのだ

先日お友達と呼んでいいのだろうか、少し上のお姉様とお食事をしたときに
日経新聞に載っていたと、ルノアールの特集記事を頂いた
私のことを思い出してくれて毎日のように切り取っては大切にファイルにしていてくれたのだ


その記事の内容というより その方のお気持ちがとても嬉しかったのです





# by likeienikki | 2016-06-19 08:32 | つぶやき

真っ暗な世界

b0200712_08160693.jpg
理不尽な暗黒の世界に
生きるという希望を失った夜
そういうものだと諦めるしかないのか
それとも。。。


# by likeienikki | 2016-06-19 08:18 | つぶやき

足あと

b0200712_10304878.jpg
足あと=過去
過去=思い出
思い出=美しく切ない。。

だったらもう一度行こっと!




# by likeienikki | 2016-06-16 10:36 | つぶやき

あいまの空

b0200712_16574067.jpg
片付けが終わるのを待っている間
ベンチは満杯だったので
塀のようなところへヒョイと昇り足をぶらぶらさせながら
ビルとビルのあいまの空の風景が面白いなあと眺めていた

足をぶらぶら
ってそんな機会があまりないことに
その解放された気持ち良さからふと気がつく
少しみんなより目線が高くて風が通っていた

東京も陽が長くなって来たと感じる17時17分

「こんなところに昇っている人いませんよ」と言って
片付けを済ませた友人がニコニコしながらやってきて
ひょいと同じように横に座って空を見た





# by likeienikki | 2016-06-15 17:06 | つぶやき